「犬乃湯」店主のひとりごと

inunoyu.exblog.jp ブログトップ

草食日本

希望を持って生きるというのは、実は後ろ向きの思考だと思っています。

今に不満を持ち、それを受け入れたくない。だから希望を持つ。

馬鹿みたいな贅沢さえしなければ今の状況で充分なのに、もっと先へ、もっと上へと希望を持つ。

正確には、持たないといけないよと、世間に騙されているわけですが。

しかし、近年、そういう上昇志向を否定する、新たな若い人達も生まれてきています。

その典型が、いわゆる「草食系」と言われている人達です。

いいことです。店主大賛成です。

そんな人間ばかり増えたら日本は駄目になるなんて意見もあるようですが、それで駄目になるなら
今の日本なんて駄目になってしまえばいいんです。別に、駄目になったとしてもこれが初めてではありません。

ポツダム宣言を日本が無条件で受諾したとき、大日本帝国は駄目になりました。
その後、戦後日本は新しい価値観でここまでやってきたわけですが、
その価値観がさらに新しい人達に否定されるのを、戦後日本に生きた人達は理解できずに戸惑っているだけです。

なので、仮に駄目になったとしても、そのあとまた新しい形の日本がきっと生まれてきます。

しかし、今の草食系の若者が日本の次の世代を築いていくなんて思ったら大間違いです。
そういう思考こそが戦後日本の“俺たちが日本を担っていくんだ”的価値観の象徴。

国民は国家を担うものだなんていうのは世間のペテンだと見抜けない人は、
これからの草食系日本は駄目な日本にしか見えずに一生を終えるでしょう。

合掌

ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-05-12 16:49

神奈川県平塚市にある、   「Dog Salon 犬乃湯」店主の ひとりごと。


by inunoyu
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite