「犬乃湯」店主のひとりごと

inunoyu.exblog.jp ブログトップ

自ずからという認識

さて、先に進みます。

よく使われますが、「心頭滅却すれば、火もまた凉し」というフレーズがあります。

見つけて驚いたのですが、“そう言った本人は焼死した”と揚げ足を取ったつもりのフレーズをネットで見つけました。

完全なる勘違い。

本当に火が涼しくなって、紅蓮の炎の中でも平気でいられる神通力でも想像していたのでしょうか。

この言葉、本来は、「火おのずから涼し」です。

日本では、戦国の時代に弾圧を受けて寺ごと火をかけられた禅宗の僧侶の言葉として紹介されていますが、

元々の出典は、以前紹介した『碧巌録』の第四三則「洞山無寒暑」の評唱にも少し出てくる、杜荀の詩。

三伏閉門披一衲
兼無松竹蔭房廊
安禅不必須山水
滅却心頭火自涼

さんぷくもんとざしていちのうをきる
かねてしょうちくのぼうろうにかげをするなし
あんぜんかならずしもさんすいをもちいず
しんとうめっきゃくすればひおのずからすずし

から来ています。

つまり、熱殺のことです。

暑さと一体となり、それをまるのまま認めてしまえ、ということだと店主は解釈しています。

ここで重要なのは、暑いを、「暑い」と認めるということです。

暑いのを、涼しいぞ言って痩せ我慢するのではなく、暑いを暑いと認めて、その中での自己を認識する、

その冷静な事実認識を「涼し」と表現しているにほかなりません。

なので、心頭滅却したからといって、暑さが涼しくなるわけでもなく、火の中で生きていられるわけでもないのです。

前述の日本の禅僧でいえば、おそらく彼は劫火の中で苦しくてのたうったことでしょう。

それゃそうです、生きたまま焼かれるのですから。

のたうちながらも、その焼き討ちを仕掛けた武将に命乞いをせずに死んでいく。

その認識と覚悟が、「滅却心頭火自涼」と彼に言わせたに過ぎません。


心頭滅却すれば火もまた涼しだ。暑くてもネクタイをちゃんと締めてるのがビジネスマンだぞ

なんて言う上司は心底馬鹿にしてやりましょう。

ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-10 23:02

神奈川県平塚市にある、   「Dog Salon 犬乃湯」店主の ひとりごと。


by inunoyu
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite