「犬乃湯」店主のひとりごと

inunoyu.exblog.jp ブログトップ

火とは、涼とは。

また続きです。

前回の「涼し」。そして、それに対応する「火」。

“火”を、おのずから“涼し”とする現状認識。

おそらく、世間のペテンに晒されていると、“火”は火としか認識ができないと思います。

“火”に打ち勝とう、火など蹴散らしてしまえ、そういう思考が世間のペテン。

それに対して、寒殺・熱殺というのは、その寒や熱になりきって一体となり同化してしまえばよいという考え方。

同化というと、「我慢」という連想をしてしまいそうですが、そうではありません。

これも、例が不適切かもしれませんが、真冬のスキーや真夏の海水浴を思ってください。

スキーや海水浴は、冬の寒さ、夏の暑さをそれと一体となって認め、それに同化しないとできません。

「火」が、そんなかわいくないのが今の世の中。

今、苦しんでいる人達の“火”は、おそらく「貧困」なのでしょう。

では、その“火”をどう“凉し”とするか。

続きます。

ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-11 22:44

神奈川県平塚市にある、   「Dog Salon 犬乃湯」店主の ひとりごと。


by inunoyu
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite