「犬乃湯」店主のひとりごと

inunoyu.exblog.jp ブログトップ

火とは、涼とは。その弐

続きです。前回のおさらい。

今、苦しんでいる人達の“火”は、おそらく「貧困」なのでしょう。と書いた前回ですが

それだけでもないですね、もうひとつ、やまいという「火」も多そうです。

ここでいう“火”とは、現状に対する不平不満ですから、“火種”はもっと多いでしょう。

さて、それらの“火”をどう“涼し”とするか。

まさか、この期に及んで、店主がその“火”を“凉し”に変える方法を書くとお思いの方はいないでしょう(笑)。

火が涼しくなるわけなどないことは既に書いた通りです。

その火に焼かれて同化するしか道はなし。

同化してこそ、そこに“涼し”が見えてきます。

凉しは、“火”の否定ではないのです。

こんなこと書いてると、病気に苦しんでいる方からは絶対言われそうです。

お前は今健康だからそんなことが言えるんだ、と。

健康だからこそ、それが失われる時の覚悟を思い定める。

病気の“苦しみ”とは、病気の否定がその本質だと気づけるか否か。

なってからでは気づけないのなら、なる前に覚悟する。

それが「凉し」に至る近道だと思っています。

まだ続きます。

ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-13 22:35

神奈川県平塚市にある、   「Dog Salon 犬乃湯」店主の ひとりごと。


by inunoyu
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite