「犬乃湯」店主のひとりごと

inunoyu.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今回の問題にファンは不在~大相撲野球賭博問題

大相撲についても書いておきます。

ツィッターで書いていたのですが、あちらは半分営業が噛んでいるので、つい自主規制してしまいます。

この問題の根本は、相撲とは何かということよりも、「相撲協会」とは何かということに行き着きます。

よく、大相撲はファンの信頼を裏切ったという表現を見聞きしますが、そもそも、そのファンという人達は、
大相撲の何を信頼していたと言うのでしょう。

大相撲の前身は、神社仏閣の門前で行われた“見世物”興業です。的屋や香具師の類と変わりません。

当然、賭博ややくざとの付き合いが付き纏います。

そこからは、“ファン”=ひいき筋という図式は導けても、“信頼”というファクターは導かれません。

では、マスコミがよく使う、今回大相撲が裏切ったと言われる、ファンの信頼とは何で、どこから来たのか。

まず、“何か”というのはわかるでしょう。つまり、「クリーンさ」ということ。

しかし、今回の問題で裏切られた信頼は、「競技としてのクリーンさ」ではありません。

角界の体質としてのクリーンさということになります。

では、この「角界の信頼」の根拠は何だったのか。

それは、大相撲を維持管理する「財団法人日本相撲協会」が持つ、「公益法人」という資格です。

財団法人の設立趣旨を謳う、日本相撲協会の寄付行為の第3条には、その目的として、
「この法人は、わが国固有の国技である相撲道を研究し、相撲の技術を練磨し、その指導普及を図るとともに、これに必要な施設を経営し、もって相撲道の維持発展と国民の心身の向上に寄与することを目的とする。」とあります。

もってその目的をして、監督官庁である文科省から“公益に資する法人”であるとの認定を受け、
法人税・所得税その他の優遇を受けているわけです。

もともと、興業主として香具師と変わらない相撲協会が、相撲を「国技」と自称し、相撲の語尾に「道」なんて付けて、
日本の伝統的文化という“公益”を守る、高尚で崇高な団体でございます。なんていって、
税金を掠め始めたことから生じた問題に他なりません。

そろそろ見えてきました。この問題の本質。

角界の内部は以前の的屋や香具師のころと何も変わっていないのに、
外面だけ公益を担う紳士面をして税金逃れをしていたつけが回って来たというところでしょう。

ですから、この「信頼」とは、厳密にはファンのものではありません。

ファンは、別に面白い相撲を見せてもらえば、おすもうさんの私生活のちょっとした「賭け事」なんてどうでもいいはず。

逆に、真っ当なとこになんていられない性分だから相撲取りやってるんだくらいのほうがいいくらい。

むしろ、その体質を“面の皮”に合わせて欲しいのは、
その面の皮に紳士としての認定を与えた文科省を筆頭とした「行政」です。

それと、相撲協会がその面の皮を付けてきたからこそ付き合っている、優等生のNHK。

つまり、この問題、日本相撲協会と、文科省をはじめとする行政との駆け引きに過ぎません。

文科省としては、相撲が日本の伝統的な文化としてその重要性を認識し、だからこそその維持管理と引き換えに公益法人としての認定とそれに伴う優遇を認めてきたのです。

しかし、その相手である相撲協会が、未だにかつての香具師の類と変わらぬ体質を有していて、
行政が認めて優遇されてきた税金が、下手をしたらやくざに流れていた可能性すらあるかもしれない。それはまずい。

今回の問題を奇貨として、相撲協会を行政がコントロールできる、健全で透明性の高い財団として再構築したい。

それが真相。

所詮、真っ当な世の中からはみ出して、「おすもうさん」だけやってきた親方衆が、
文科省の繰り出す有識者の論理的攻撃に叶うはずも無く。

最後に、行政と一緒に相撲協会にけしからんと怒っているひと。

相撲協会が、本来はそんなやくざな団体だったにもかかわらず、
公益法人なのをいいことに税の優遇措置を受けていたということに対する怒りならいいですが。

どうなんでしょうねぇ。

ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-30 12:42

あなたのサッカー、終わりましたか?

さて、サッカー終わったようです。本当はまだ終わってませんが、
ほとんどの日本人のサッカーは終わりでしょう。

つまり、サッカーに限らず、世界的大会で日本がどうであるかが注目されていただけです。

この図式はオリンピックでも顕著ですよね。特に冬季など。

リュージュでもボブスレーでもカーリングでも、その大会のときだけ、それをやっている日本人を注目する。

その大会と大会の間は全く無視。

要は、感情移入できて他人と一体“感”を共有できてカタルシスを得られれば何でもよし。

しかも、そういう姿勢をマスコミが煽る。

いえ、煽るどころか、はなから先導し、誘導する。

世間のペテンにかからないためには、まずマスコミの報道を疑ってかかること。

こういう大会があるたびに肝に銘じてます。

ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-30 11:02

孤独と孤独感

と、いうわけで、

本当は“繋がって”なんかいないのに、繋がって“いる”と思わせるものは、

「人と人は、本来常に繋がっていなければならない」という第一次的ペテンにかかった人に

「ほーら、あなたは誰とも繋がっていませんよ、孤独ですよ、淋しいですよ」という二次的ペテンを施し、

「さぁ、このアイテムで世界の“みんな”と繋がりましょう。」と買わされた「装置」に他なりません。

別に、その「装置」自体は単なる装置です。装置そのものにペテンなど内包はしていません。

(しかし店主は、いつの日かその装置の画面やスピーカーが、『あなたは、もう〇〇時間この装置を使用していません。それではあなたは孤独で淋しい人となってしまいます。さぁ、今すぐこのサービスで楽しい時間を始めましょう』なんてガイドされる日はそう遠くないと確信しています。)

まぁ、それはいいとして、実際こういう装置によって孤独を埋めている人は増えているのでしょう。

しかし、それは、「孤独」と「孤独感」の単なる混同です。

埋まったと感じるのは、孤独感の「感」であって、孤独本体ではありません。

ちょうど、サッカーのワールドカップを見て、「一体感」を得るのと一緒。

人と人が、決して「一体」になどなれないのと一緒で、

孤独も、それを克服できるのは孤独感のみです。

ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-28 22:17

勘違いさせる装置

繰返します。

一人である、すなわち、孤独であるという状況が自然なんです。

その状態を、さもあってはならない、良くない状況だと焚きつけるのが世間のペテン。

ひとりでいるのは孤独ですよ、淋しいですよ。

さぁ、心を開いてみんなの仲間に入っていきましょう。

そうすれば、悩みや苦しみなんて忘れて、面白可笑しく暮らしていけるんですよ。

完全に、「本末転倒」。

人は、いつも“独り”だからこそ、独りでない時が楽しいのです。

いつも“独りでない”から独りが淋しいのではありません。

独りであるという“フラット”な状態が、

独りではいけないという世間のペテンによって“マイナス”に格下げされて、

みんなで仲良くらんらんらん♪が“フラット”に置き換えられている。

その結果売られているのが、

「独りではない」と勘違いさせる装置達。

それらの「装置」で、今人は“繋がっている”と思わされていますが、

文字通り“思わされている”だけ。

もう一度言います。

人は、基本的に“繋がって”などいません。

だから、“繋がり”が尊いのです。


ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-27 22:21

孤独の恐怖の正体

孤独を生きるとは、

人の“スタンダード”が“孤独”なんだという意味です。

人は、孤独が当たり前で、常にそれと隣りあわせなのだという自覚を持つ。

そういう自覚のない人は、孤独でなかったときをスタンダードだと誤解しています。

あぁ、あの時はみんながいて楽しかった。それなのに今は・・・という捉え方。

違います、人間、“一人きり”がフラットなんです。

だから、孤独を恐怖してむやみにつまらない関係をやたらに増やす必要もなければ、

孤立怖さに今の気に染まない関係を無理をして維持する必要などないのです。

ここまで言えばもうそろそろお解かりでしょうか。

そう、孤独の恐怖とは、世間のペテンとイコールです。

続きます。


ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-26 22:37

無縁社会の「問題」

前回は、ちょっと脱線。

「孤独を生きる」ということは、人の「縁」というものを軽んじてよいという意味ではありません。

とは前回確かに書きましたが、「孤独に生きている」人がやたらめったら結んでいる「縁」まですべて重んじよ、

という意味では決してありません。

孤独を生きるという自覚の前では“縁”など無力だという認識のある上で、

それでも結ばれる“縁”なら意味があると言っているだけでして。

今言われている「無縁社会」の“縁”とは、間違いなく「孤独に生きている」人の“縁”です。

孤独に生きたくないから縁を結びたいのに、その縁を結ぶ術すらが無い。

それが無縁社会という概念が提示する「問題」です。

しかし、その「問題」は、「孤独に生きている」という現状の不安、その一点から生じているものであって、

「孤独を生きる」という自覚からは、上記の問題は絶対に生じません。

おいおい、孤独を一生生きろってか。何淋しいこと言ってるんだよ、なんて思った方、
店主に言わせればそれこそが認識の錯誤。

「孤独を生きる」自覚があるからこそ、「孤独に生きる」ことが淋しくないのだということに気づけない。

まだ続きます。

ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-22 22:32

縁の違い

孤独を生きている、という自覚があれば、
孤独に生きているかどうかがあまり関係なくなります。

つまり、「孤独に生きる」ことを恐れていない人は、それに気づいているのでしょう。

それを裏返せば、

孤独に生きることを恐れる人は、人の本質である孤独を理解できていない人ということになります。

しかし、ここでもまた誤解のないよう補足しますが、
「孤独を生きる」ということは、人の「縁」というものを軽んじてよいという意味ではありません。

というより、孤独を生きているからこそ、その中で生まれた“縁”が意味を持ちます。

前回、心中してもそれは死ぬ時が一緒なだけだと書きましたが、

心中とは、そんなことが判っていてやるものだと思います。

そんなことは重々判っていて、そんな“孤独を生きる”者どうしが、

孤独を生きる者どうしの中で結んだ“縁”を断ち切れずにするものなのでしょう。

孤独を生きているということを知っている者の“縁”と、孤独に生きることしか知らぬ者の“縁”とは

自ずから違います。








ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-21 22:47

“に”と“を”の違い

孤独死とか、無縁社会とか言いますが、元々、人とは“孤独”な存在です。

根源的にそうです。生まれるときも死ぬときも。

双子は一緒に生まれてくるし、心中すれば一緒に死ねるじゃないかなんていう低レベルの揚げ足取りはなし。

それらはあくまで生死の時間が同じなだけ。独生・独死は人の本質。

それを言うなら、人に限らず生き物は皆そうだろ、というのも認識不足。

人以外の生物に“孤独”や“生死”という概念は理解できません。

というわけで、人は始まりと終わりがそうなんですから、その間も孤独なわけです。

“無縁”だと“孤独”なので(正しくは孤独を意識してしまうので)、人は“縁”を作ろうとします。

“縁”をこさえてそれに囲まれていれば、“孤独”を感じずに済むからです。

ただ、それは本質である“孤独”を意識から追い出しているだけで、本質である孤独が解消されたわけではありません。

というか、“孤独である”という本質は、いくら“縁”に囲まれても解消など出来ないんです。

なので、“縁”などというものは、人の本質たる“孤独”の前では無力です。

その意味で、人は、“孤独に生きる”のではなく、“孤独を生きる”わけです。

続きます。

ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-18 12:24

明らめて再構築する

諦めを明らめと読み替えて、絶望を分解して認識に構築し直す。

諦めちゃ駄目だ。というペテンは、明らめるという反対呪文で霧消します。

そう、1回“諦める”んです。

それで、“諦めちゃ駄目だ”というペテンを無効化します。

病気でも貧乏でも不合格でもリストラでも引きこもりでも、

その事実を事実として認めて1回“諦める”。

もう、そうなってしまったんですから。そうでない事実はないんです。

なぜそうなってしまったのか、何が悪かったのか、

そんな反省などせずに、なってしまったものはなってしまったのだからと諦める。

そしてそれを認める。それが、諦めではなく明らめ。

それが、“明らめましょう”という意味です。

ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-15 22:30

あきらめましょう

病気も貧乏も、そうなってしまったらもう仕方が無いんです。

あのときああしておけばよかったなんて思っても、病気も貧乏も無くなったりはしません。

あぁ、俺は・私はこういうことになる星めぐりだったんだなぁと腹を括る。

諦めてしまったらそこで終わり。

何度も言いますが、違います。それは世間のペテンです。

このペテンは、
現状に不満で打開策を探ることと現状を冷静に判断して認識することを同一次元に置くことにより生じる錯覚を利用しています。

病気は嫌だ、貧乏は嫌だといくら思っても、現状の病気や貧困は覆すことは不可能です。

しかし、諦めたら終わりだというペテンにかかると、
人はその“病気である”という現状を常に“忌むべき状況”として意識し続けることになります。

勿論、状況としては“忌むべき”ものではあるのですが、その“忌むべき”ものを忌み続けたからといって、
その状況が早期に終結するという帰結は絶対に導かれません。

こんな忌むべき状況は早く打開せねばならないと思ったって、
打開されるまでは打開されない状況が続くのだという現状をまず認識する。

その「認識」こそが寒殺熱殺の“殺”であり、火自ずから凉しの“凉し”です。

諦めたら終わるのではなく、明らめから始まります。

ブログランキング参加中です。ぜひクリックをお願いします。
こちらは“にほんブログ村”で、
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらは“人気ブログランキング”です。
人気ブログランキングへ
[PR]
by inunoyu | 2010-06-14 16:45

神奈川県平塚市にある、   「Dog Salon 犬乃湯」店主の ひとりごと。


by inunoyu
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite